うんざりな二日酔いは「ツボ」と「つまみ」で解消!【セルフお灸】

女子を悩ます便秘、頭痛、PMS、むくみ、冷え、腰痛、不眠、プチうつ、etc。

病院に行くほどじゃないけど地味にツライこんな不調、あなたは抱えていませんか?

こういった症状には、自宅で簡単にできてしかもお金もあまりかからない「セルフお灸」が効きます。

今回は、「二日酔い」を取り上げます。

二日酔いはなぜ起こる?

3月は別れの季節、4月は出会いの季節。

コロナ禍で今年はどのくらい宴会できるのかなぁ…。

(私はもともと少人数で濃い集まりが好きなので、あまり問題ないですが。汗)

お酒を飲む機会が増えるこの時期、ついつい飲み過ぎちゃう人もいらっしゃるのでは?

(私は未だ二日酔い経験なし。父の「酒は飲んでも呑まれるな」の教えに従っております。このまま一生、二日酔い経験はなしで行きたい(笑)。)

漢方的に二日酔いを見てみると、飲酒によって「肝」と「腎」が疲れ果ててしまった結果、起こってしまう現象です。

体内に入ってくる過度のアルコールを解毒、分解するために「肝」はオーバーワーク、多量の水分や塩分は「腎」に過負荷な仕事をさせて悲鳴をあげさせます。

そして「肝」や「腎」で処理しきれなかった余分なアルコールや水分は体内に停滞し、消化を司る「脾」も悲鳴をあげる!

二日酔い、やっぱり体への負荷が高いので、お酒は適量に!が大事。

でも飲み過ぎてしまうことってあるもの。

そんな時はアフターケア、飲む時はおつまみで二日酔い予防!これで行きましょう。

二日酔いに効くツボ

セルフお灸を実践する際は、このツボにお灸をすえ、火が消えて冷たくなるまでそのままにしておきましょう。

セルフお灸のやり方についてはこちらから!

⚫︎魂門(こんもん)

肝(肝臓)の機能を促進します。

肩甲骨の一番下から指2本分下、背骨から約7cm外側(両側)。

⚫︎築賓(ちくひん)

肝(肝臓)の機能を促進します。

ふくらはぎの内側、内くるぶしから指5本ほど上(左右)。

⚫︎中脘(ちゅうかん)

中脘

胃のムカムカを解消するのに役立ちます。

おへそから指5本分上。
(火傷しやすいところなので、火を使わないお灸がお勧め)

⚫︎内関(ないかん)

胃のムカムカや吐き気を解消するのに役立ちます。

手首の横じわから、指3本肘方向に寄ったところ。

お灸以外にするといいこと

(1)おつまみを工夫する

⚫︎「肝」を元気にする食べ物、「酸味」のあるおつまみをとる。

(酢の物、マリネ、イカなど。)

⚫︎飲み物を柑橘類を使ったものにする。

(レモンソーダ・グレープフルーツソーダなど。)

⚫︎「腎」を元気にする食べ物、「鹹味(かんみ)」のあるおつまみをとる。

(シーフードや貝類など。)

⚫︎「腎」を元気にする食べ物、「温かい」おつまみをとる。

(2)食事でアフターケアをする

⚫︎余分な水分を排泄する、きゅうりやわかめ、とうもろこしなどをとる。

⚫︎余分な熱を冷ます豆腐や海苔をとる。

⚫︎二日酔いのときは、胃腸も疲労しているので、消化にやさしいものを。

⚫︎貝類(しじみや牡蠣など)は「肝」も「腎」も力づけてくれるのでおすすめです!

(3)和髎(わりょう)のツボを押す

体の新陳代謝を促し、残ったアルコールや水分排泄に役立ちます。

耳とこめかみを結んだ間の窪み。

おすすめの記事