「仲よくするしかないじゃない、神様が決めたんだから」【普通のインド人の名(迷)言 vol.4】

〈〈前回の名(迷)言 『手をかけたものは、子どもでも、牛でも、魚でも、みんな元気になる

今回もインドツアーでの1コマをご紹介できればと思います。

私のツアーに参加してくださる方の半数は、既婚者です。

と言っても、会社の研修だったり、お仕事の関係でお休みが取れなかったりと、ご夫婦でいらした方は1人もいません。

だからでしょう。

「夫婦間での悩み相談」などもツアー中によく出てきます。

相談相手は日本人だったり、インド人だったり。

ちなみにインド人は恋愛話や結婚生活の話が大好き。

政治か恋愛、ビジネスにしか興味がないんじゃ、、思う時があります(苦笑)。

そのため、そのような相談ごとには目を輝かせて話を聞いてくれます。

日本人とインド人の恋愛観や結婚観は、共通していることもあれば全く違うこともたくさんあります。

その背景には、いまだにインドの郊外では結婚相手は「親が決めるお見合い」が多いこともあるでしょう。

お見合いと言っても、実際に会えるのは結婚式当日であることがほとんどです。

彼らは好きな人ができても、基本的には「信仰」や「カースト」が違う相手と結ばれることはありません。

でも、彼らは結婚相手をとても大事にします。

3人に1人が離婚していると言われる日本とは打って変わり、インドでは離婚が珍しい出来事です。

その理由は、

「神様が決めたことだから」。

神様が決めた相手を大事にすることが義務であり、大事にすると決めると本当に大事に思えてくるそうです。

名言を話してくれたインド人の男性は、「なんで好きでもない人と結婚しないといけないんだ」と、最初は結婚に憂鬱だったそうです。

でもいざ一緒に暮らしてみると

「笑顔が可愛い」

「家事を頑張ってくれている」

「わがままを言わない」

「いつも身綺麗にしている」

など、どんどんいいところが目に入ってきたそう。

彼には今、かわいい盛りの男の⼦と⼥の⼦が1⼈ずついます。

もちろん、夫婦の仲は今でもばっちりとのこと!

インド人は口をそろえてこう言います。

日本人は釣った魚に餌をやらなすぎる!お互いに選んだのに。

だから夫婦がうまくいかなくなるんだ。

結婚してからが大事。

愛を増やしていかないと!」

私たち日本人も、彼らの愛の深さを見習わないといけないですね。

矢印

-教えてくれた普通のインド人-

Age:

30代半ば

Job:

ガイド兼農家 

Family:

父、妻、息子1人、娘1人、お兄さん夫婦と同居中

Character:

インド人もびっくりするほど細かくて真面目。1ルピー(約2円)のずれも許さない。でも、ガイドが時々適当でいろんな人から叱られる。料理と歌と踊りが上手。それ以上に子どもの扱いが上手。

おすすめの記事