なんということでしょう。子育てのイライラが3ステップで解消!

これまでコラムを読んでくださった方は、

  1. 過干渉はよくない
  2. 「先導」する言葉より「後付け」の言葉の方がいい

ということをご理解いただけたかと思います。

では、ここからさらにステップアップしていきますよ!

STEP1:無感情でOK!感謝する・ねぎらう

子どもには、「感謝」「ねぎらい」の言葉を一番よく使うようにしてください。

とくに、

この3つは、とても便利な言葉です。

よく考えなくても、とりあえずこれさえ言っておけばなんとかなります。

目を見て笑顔で言えれば最高ですが、まずは感情が伴っていなくても、とりあえず言っておけばそれでいいです。

STEP2:褒めるじゃなくて「認める」

だんだん慣れて心の余裕が出てきたら、今度は「認める」という作業をしていきます。

「褒めて育てる」という言葉がありますが、私は「褒める」という作業はあまりオススメしません。

「褒めよう」と思っていると、相手を持ち上げ「おだてる」感覚を味わうことが出てくると思います。

「おだてる」のはよくないと思っています。それは子どもも感じてしまうんですよね。ちょっと違った方向に進んでいってしまいます。

「起きたんだね。えらいじゃん。」

「一人でトイレ行ったんだね。すごいね。」

たとえばこんな風に声をかけていきましょう。

STEP3:言葉を鍛える(ダジャレ最強!)

STEP2で、見守る・寄り添うという感覚が分かるようになったら、『使う言葉を鍛える』という段階へステップアップしていきます。

第1回目のコラムにも記載しましたが、「物は言いよう」です。

「あなた遅いねえ。」と言うところを、

「あなたは丁寧なんだね。」と言うのです。

「あなた何にもできないね。」と言うところを

「あなたは慎重だね。」と言うのです。

「あなたは何にも考えてないよね。」と言うところを

「あなたは素直な人だね。」と言うのです。

ここまでくると知恵の勝負

ダジャレを寒いと言っているあなた、

それは自分をどんどん下げている行為です。

子どものダジャレを評価し、言葉を鍛えるために喜んで自分も加わります。

言葉が鍛えられるダジャレは最強!

言葉は鍛えないと、進化していきませんからね。

まとめ

人を侮辱したり馬鹿にしたりする行為は、実は自分の質を下げているのです。

こっちから見るとこんな風に見えるけど、別の方から見るとどういうことなんだろう。

そうやって普段から視点を変えて物事を捉えるように努力していきましょう。すると、

なんということでしょう。

イライラがなくなり、あなたの周りの人が生き生きとし、力を伸ばしていきますよ。

旦那まで変わる(?!)子育て講座

子どもたちが一人残らず自分から勉強しだす、伝説のフリースクール「水野谷塾」。

毎日、悩めるお子さんとママに本気で向き合われている水野谷先生の手にかかると、目を背けたくなるような問題も、解決方向に向かいます。

この夏、講座を受けられたママからは、

まず私自身が自尊心を取り戻すことができ、気づけば、ゲームばかりしていた(!?)旦那が子どもに声かけをしたり、家事を手伝ったりするようになりました

という報告も頂いています(これには編集部もびっくりしました!)

その秘密は、この講座のメインテーマである「自主性」にあります。

既に100名のママが受講し、たくさんの驚きの声を頂いた子育て講座の詳細はこちらから!

おすすめの記事