村上のイチローあらわる【ド素人農家日記その五】

〈〈 絶対に負けられない話し合いの意外な結末とは?!

こんにちはヒロルです。

更新がおろそかになって大変申し訳ございませんでした。

前回の更新から。3カ月以上経過したでしょうか?

激動の3カ月間でした。

忙し過ぎて毎日耳鳴りがしています。

おまけにゴールデンウィークはコロナにかかりました。

泣きっ面に蜂

そしてようやく、

記事の更新ができる環境が整いましたので、

この激動の3カ月間に何が起きたのかを、

どんどん皆さんにお伝えしていきたいと思います。

まずは、

2022年2月の段階では、

「農地を5反以上借りれないと新規就農者になれない」(農地法により)

ということで、

農地の確保に奔走していました。

(お忘れかと思うので前回の記事を参照をください)

借りれる田んぼ3.8反の真横に、

空いている田んぼがあると聞きつけたので、

そこを管理している方に会いに行きました。

その方、

通称、イチローさんです。

まったくの初対面で赤の他人なんですが、

快く会ってくださり、

お互いマスクをしたまま、

ハッキリと相手の顔がわからないまま話が進みました。

気づけば、

全面協力をしてくださるとのことで、なぜか

田んぼではなく、

畑1.2反を貸してくれることになりました笑

詳しくはYouTubeで話しているのでぜひご覧になってください。

そして、

田んぼと畑を合わせて、

5反にするという荒技を使い、

本丸である農業委員会の方々と

急遽顔合わせをさせていただけることになりました。

通常は

就農計画書という書類選考なのですが、

全てをすっ飛ばし、

最終面接選考までたどり着きました。

新潟県村上市のお役所は仕事が早いで有名です。

ということで次回は、

面接結果を皆さんにお伝えできればと思います。

つづく。

おすすめの記事