自然と起業に繋がる「やりたいこと」の見つけ方

「好きなことがわからない(でも起業してみたい)」

「やりたいことがなくて(でも起業してみたい)」

そんなふわっとした相談を受けると、僕は「まだもう少し、ビジネスをスタートするには時間がかかるかな」と思います。

そういうとき僕がアドバイスとして伝えるのは、とにかく何か興味のあることに、もっと時間を使おう」ということです。

興味のあることを「経験」する

机に座ってうんうん考えたり、電車に乗りながらぼんやり思うのではなくて、興味のあることの「経験」を増やしてみるのです。

既存の製品やサービスをどんどん買って経験してみるのもいいです。

エステが好きなら、エステにいっぱい行ってみる。

関連する本を何十冊も読んだり、どこかにセミナーを受けに行くのでもいいと思います。

人にどんどん紹介して感想を聞くのも面白いですよ。

もしも、セラピーや占いやエクササイズなど、今すぐ人に提供できるものならば、お金なんてもらわず、人にサービスを提供し喜んでもらいはじめたらいい。

とにかく、自分の内から出て、「外側(=世界)」にある何かに触れることです。

やりたいことは「考えつく」のではなくて、「出会うもの」だから。

やりたいことは「考えつく」のではなくて、「出会うもの」だからです。

あとは、のめり込めればいい。

人は、いろいろ経験するうち、自然と何かに深くのめり込むことが出てきます。

本を読むにしても、いろんな本を読めばいいのに、ある分野に偏ってくる。持っているお金は限られるのに、関連商品ばかり買ってしまう。

それでもなぜか「まだ足りなくて、もっとそれを手に入れなければ」と思う。

そうすると、いつのまにか「自分だったらこうやる」というアイデアが生まれてきて、「サービスの受け手」ではなくて「提供側に回りたい」と思うようになってきます。

これが起業の種だと思います。

考えるのは、その後でも遅くありません。

あなたもぜひ、普段の「当たり前の生活」から一歩出て、新しい経験をしてみてください。

興味のあることについての、たくさんの経験を。

好きなことに時間を割くなら、しあわせになれますし、人生が大きく変わる種がきっとその時間の中に眠っています、あなたを待っています。

おすすめの記事