世界は本当に必要な「ビジネスの種」で溢れている。

こんにちは。吉井りょうすけです。

今回のテーマは「ビジネスの種」についてです。

先日クライアントさんから、「最近、13坪の家が売れているらしいですよ」という話を聞きました。

「13坪の家」は住宅業界でも異例の「狭さ」です。今までも「安くていい家」はあったけれど、「やすいけど、普通の家」でした。それは「狭い」とは違います。

でも今“おひとりさま”で生きる人が増えてきたことを背景に、「一人で生きる人だって、家を買いたい」というニーズがつくられたのでしょう。新しい「住まいの形」が生まれてきました。(僕も一人暮らしなら、1LDKか、1Rでもいいなと思いますもん)

 新しい家のスタイル

また、僕の好きな会社に「パタゴニア」があります。アウトドアグッズのメーカーです。

パタゴニアの創業者のイヴォン・シュイナードさんは、粗悪品で一度しか使えなかった登山道具(ピチョン)をみて、「これはもったいない!」と何度でも使える高品質のピチョンを作りました。

他にも彼は、登山者のせいで山の岩壁が削られていくのを見て、心を痛めます。そして、岩を傷めない登山道具を開発したりもしました。

「目の前の課題」を見逃さない

2つの例に共通するのは、まず目の前に「課題」があることです。

そしてそれを解決するためにアイデアを生み、自分のビジネスを作りました。

ビジネスの種

ビジネスを立ち上げる時の一番の問題は、誰にも必要とされないビジネスを作ってしまうことです。

特に頭の中でばかり考えると、思い込みが強くなってしまいがち。

そこで、「目の前の問題」「目の前の人の困りごと」からヒントを得てビジネスを立ち上げれば、「はじめから困っている人がいる」「本当に問題がある」ところからスタートできる。

いいビジネスがたちあがる可能性が高まります。

完璧な製品やサービスはありません。

世界に目を向ければ、きっと新しいビジネスの種がたくさんあるはずです。

おすすめの記事