「預言の岩」からの緊急メッセージ【ホピの道を行く vol.2】

〈 〈 前回の記事 『私たちの唯一の敵。

今回は、NANAさんのご友人でもあるホピ族のメッセンジャー「ルーベンさん」から届いた、「預言の岩」に刻まれている緊急メッセージをお届けします。

ホピ族の教えが刻まれた「預言の岩」

私たちは今、待ったなしの状況

今までこの「預言の岩」は、インターネット上に掲載することはおろか、撮影することすら禁じられていました。

しかし近年になって、ホピ族のメッセンジャーであるルーベンにこう言われたのです。

『NANA、預言の岩のメッセージをみんなに伝えてほしい。

写真を撮ってもいいしインターネットに載せてもいい。

今この世界は、待ったなしの状況だから、とにかく大勢の人に伝えてほしい。』

ルーベンは長い間、「この預言の岩を伝えちゃいけない」思っていました。

しかし、今までの掟を破ることへの「恐れ」から、彼は預言の岩の教えをネット上で広げることへの抵抗があったことに気づいたのです。

「伝統というのは、その時代時代で変えていかないと、大事なものが伝わっていかない。今は、このメッセージを伝えなきゃいけない時だということが、分かったんだ。」

「預言の岩」のメッセージ

ルーベンはこう語っています。

下のほうで下に向いた矢をもっているの(①)は、この世界を守っているマサウ。

マサウは、調和が崩れ、利己心に満ちた人々の世界『コヤニスカッティ』を矢で示している。

それは、第三世界が人々の心の乱れによって破滅したことを示している。

その破壊された世界から、創造主の声を聞ける者たちだけが第四世界に昇ってきた。

マサウの左手は、心ある者たちが昇ってきたポータル(②)を支えている。

しかし、第四世界を築いた者たちも、時と共に私利私欲で生きる者たちが出てきた。

そうして道は2つに分かれ、私たちは常にその選択を迫られている。


1つは、マインドに支配され、私利私欲、競争、争い、破壊が起きる世界への道(上段・カホピの道)

1つは、ハートで生き、愛と調和をもって、他の人たち、母なる自然と共に生きる世界への道(下段・ホピの道)

下の線上に生きていた人々は調和を持って大地に根ざして生きていたが、上の線上にいる人々(③)によって戦争が起きた。

下の方の線上に示された二つの円(④⑤)は、第一次世界大戦・ 第二次世界大戦を示している。

三つ目の半円(⑥)は、第三次世界大戦の可能性を表している。これが円になってしまったら第三次世界大戦になる

ウクライナとロシアの戦争が始まる前から、ルーベンは「三つ目の半円が円になってきている」と言っていました。

物理的に見えるというよりは、「目に見えない円」というものが、どんどん見えるようになってきたようです。

ホピの道orカホピの道

ホピとは部族ではなくて「神の道を行くもの」を指します。

つまり、人種や時代に関係なく、神の道を行くものはホピなのです。

ホピの道は愛の道

カホピの道は恐れに囚われててしまった道

上段(カホピの道)から伸びる線はギザギザで、途中で切れています。一方、下段(ホピの道)の線は、岩の裏まで伸びています。

また、上段と下段をつなぐ縦のラインが2本見えると思います。

カホピの道を行った人たちも、目覚めて、大地と地球と人々と調和の取れた生き方を求めれば、このラインをつたってホピの道に来ることができるのです。いつでも。

それと同時に、ホピの道に行ったとしても、迷ってしまえば、カホピの道へ行ってしまうこともあります。

私たちは毎日毎日、どちらの道へ行くか帰路に立たされており、これからどんな世界になるかは私たちの選択しだいなのです。

つづく。

おすすめの記事