あーーーーママは疲れた疲れた疲れた!!!!!【全部、ぶっ壊してやりたい。】

Windysのクリエイティブディレクター「高橋ナナ」のブログ『愛する人と、豊かで、幸せな人生を。』から、あなたが自由の翼を広げるメッセージを一日1つずつご紹介します。

高橋ナナのインタビューはこちらから。

子供の前で暴言吐くなとか、

誰が言ったんだろ?

その暴言を腹に貯めとくから、

心や体がおかしくなるわけで。

その結果、

体壊したり、心壊したりして、

結局子供にも寂しい思いさせちゃうわけで。

私は、体の中にイラっとしたエネルギーがたまると、

重くてしょうがないから、

イラっとした瞬間に、

間髪入れずに盛大に吐き出してた。

ママが子供の前で「怒らない」とは、

子供に「怒ってはいけない」って教えてるようなもの。

私は子供に、

怒りをきちんと表現できない人間になって欲しくない。

世間の常識はどうか知らんけど、

私は、

「ムカついたら怒ってもいいよ!」

「キレてもいいんだよ!!」

って教えたいから、

自分も遠慮なくガチギレる。

「なんでこんなに洗いものあんだよ!!!」

「なんでこんなに部屋きったねぇんだよ!!!」

とか、とにかく吐き出す!

「あーーーーー疲れた疲れた疲れた!!!!!」

とかさ、

もういちいち吐き出すといいんだよ。

いちいちデカイ声で。

だってこれは、

子供に言って、攻撃してるわけじゃなくて、

ただの、超デカイ声の独り言。

デカイ声の独り言を言ったら、

あとは気持ちよく、子供に

「はい、ど〜ぞ♪」

ってできる。

いい言葉を使いましょうとか、

ポジティブな言葉だけ使いましょうとか、

ハァ???ってなる。

一体何の呪い??

暴言吐いたって、

悪いことなんて起こらない。

体に自然に湧いてくる怒りや暴言を、

頭ん中で「いい言葉」とやらに変換してること自体、

不自然。

せっかくの怒りの鮮度が、落ちる。

イヤイヤ期の子供がヤダヤダと大声でだだこね始めたら、

私はそれ以上の血相で、

「ママも嫌だ嫌だ嫌だーーー!!!!!!

って、超デカイ声で言って、騒ぎ立てる。

完全にヤベー奴。

大人だって人間なんだよって、

我が家は結構教えてるんです。

おすすめの記事