今度こそ「重い女」にならないために出来る2つのこと

こんにちは。パートナーシップと性のカウンセラー小野美世です。

恋愛のご相談をお聞きしている中で、よくテーマに上がるのが「重い女」について。

『彼に重い女って思われたくありません。どうしたらいいですか?』

『私、重い女になりやすいんです。いつもそれでうまくいかなくなります』

『軽やかなスマートないい女でいたいのに、執着したり嫉妬したりで、重い女になっていってしまいます…』

etc.

結論から言うと、あなたが「重い女にならないためにはどうしたらいいの?」と思うときにできることはこの2つです。

(1)彼とあなたの"スペース"の差異を把握してみる

(2)自分の気持ちをそのまま見せ「期待」は自主回収する

詳しくお話していきますね。

1.誰にでも"重い"わけじゃない

「重い女は嫌われる」

「重い女は扱いづらい」

「重い女と思われると彼から愛されなくなる」

etc.

そもそも、重い女とはどういう状態を言うのでしょうか?

私自身は、この問いに明確な答えはないと思っています。

ご相談者さんに、自分のどういうところが重いと思うのかをお聞きすると大抵、

「こちらからばかり連絡して、彼から返事がないと不安になってしまうところ」

「もっと私に会いたがってほしいと思ってしまうところ」

「彼の前で泣いてしまい、困らせてしまうところ」

などという答えが返ってきます。

要するに、彼がしてくれていること以上に、自分が彼に期待してしまう、要求してしまうという状況ができたとき、自分を「重い」と思うということですね。

そして状況はさらに進んでいきます。

「これって重いかな…」

そう思って、彼に言えなくなることがあったり、できなくなることがあります。

そんなとき、一度でも彼から「なんかそれ重いね」などのような発言があれば、いっそう彼に「言えないこと・できないこと」が増えてしまうようです。

ここでひとつはっきりさせておきたいことは、彼女がしている行動自体は、彼以外の第三者から見ると「別に重くない」と捉えられることもある点です。

全ての人にとって重いわけではないのです。

彼女と彼の間でそうなっている、ということですね。

2.彼にとって重くなる理由

では、どうして、「彼にとって」重い女になるのでしょうか。

私からよくお答えするのは次の2つです。

(1)彼のスペースを把握しきれてない

重いかどうかを決めるのは、相手のほうなのです。そしてそれは、相手がこちらに対してどれだけのスペースをあけているかによります。

例えばAさんの彼がAさんに対して3のスペースをあけていたとしましょう。そこにAさんは「もっと会いたい」と5くらいの気持ちを投げました。

きっとこれは彼にとっては「なんか気持ちが強すぎる」と捉えられるかもしれません。

でも例えば、彼がAさんに対してあけているスペースが10くらいだったらどうでしょうか。Aさんが投げた5の思いは物足りなく感じられるかもしれませんよね。

となると、彼のスペースがどのくらいあいているのかを把握して、彼の反応を期待するときには「スペース以上のものを投げていないか」気をつけてみることはできそうです。

彼があなたに対してもっているスペースは、いつも一定ではなく、仕事の状況だったり、体調や気分によってその大きさも変化すると思います。

大事なのは、大きさはあなたとは違うかもしれないけれど「それをあけてくれていること」です。

(2)自分の気持ちを隠している

Aさんが彼に対してもっている思いは5以上。だけど、彼がAさんに対しあけているスペースはどうやら3くらい。

それが感じられると、Aさんは余る自分の気持ちを隠すようになります。

そして悲しく思うでしょう、「私のほうばかりが彼のことを好きなのかな」と。

このときAさんが隠している気持ちというのは、「彼が好き!」という気持ちです。(基本的には…。)

でもそれを

出しちゃいけないんだ、

隠さないといけないんだ、

迷惑なんだ、

と思っていると、「私が気持ちを出すのを我慢していれば…」という雰囲気がAさんを包みます。

この、「何かを隠しているけど本当は気づいてほしそうな雰囲気」も、彼からは「なんか重いな」と感じるもののひとつになるでしょう。

こんなときには、どうしたらいいのでしょうか。

3.「大好き」を隠さない

上記の場合、Aさんが隠しているのは彼への「大好き!」という気持ちです。

こういうご相談をいただくと、私は、その「大好き!」を「大好き!」という形で彼に見せてしまってくださいとお伝えします。

会いたいなぁと思えば「会いたいなぁ~」という。

好きだなぁと思えば「あー、やっぱり大好きだなぁ」と口にする。

素敵だと思えば、「かっこいいね~」「すごいね~」という。

そして「彼への期待」だけ、ちょっと注意してみるのです。

彼への"期待"は自分で回収する

重くなるのは、彼から何かを受けとりたいという期待があるからですね。

自分から「大好き!」を出せればそれで良し!

と思ってみることはできるでしょうか。

彼への期待を自分で回収するのです。

「会いたいなぁ~!あ、大丈夫忙しいのはわかってるから。そう言いたくなったんだよ~」

「あー、やっぱり大好きだなぁ。こう言えるだけで嬉しい」

彼への気持ちをそのままさしだし、相手の反応は相手のものとしてください。

口に出せるのは大きい

「大好き!」をそのまま表現し、相手にそんなに期待しないというスキルを身に着ける。

これにはちょっとトレーニングが必要ですが、あなたの雰囲気は確実に軽やかになります。

気持ちを口に出せるというのは、それだけ大きい効果があります。

そして、これができるようになるには、自分の機嫌をある程度自分でとれていることが必要です。

ひとつ何かを整えようと思うと、こうして次々に自分にできることが見つかっていきますね。

大丈夫、あなたはまだまだ変われますよ♪

まとめ

自分のことを「重いのかな…」と思う女性は、「大好きが深くなる性質」を持っていると思います。

それがあるがゆえに、彼にも同じ性質をもってほしい、私があけているのと同じくらいのスペースをあけてほしいと思ってしまいますが、そこは変えられないところ。

彼があなたにあけてくれているスペースを大切にしつつ、自分の性質も責めないようにしてみてくださいね。

彼のことも、自分のことも同時に尊重していきましょう。

おすすめの記事