【新連載】結婚がゴールじゃない婚活マニュアル「いつまでも幸せに暮らしましたを叶える方法」

こんにちは。パートナーシップと性のカウンセラー小野美世です。

新連載「『2人はいつまでも幸せに暮らしました』を叶える方法」のページをひらいていただきありがとうございます。

この連載では【結婚するまでのプロセス】と【性のお話】を掛け合わせた、

結婚をゴールとしない婚活

についてお伝えしていきます。

結婚をゴールにした婚活は、
あなたが思っているよりずっとキケン 

婚活をしている方にとっての、さしあたってのゴールは、「結婚をすること」になりがちです。

  • 「とにかく結婚相手に出会わなければ!」
  • 「相手が見つかったら、結婚にたどり着くまでお付き合いを頑張らなければ!」

独身を卒業したいという気持ちがはやると、焦ってしまうこともあると思います。

しかし、使い古した言い回しにはなりますが、「結婚はゴールではありません」。

それを分かっていないと結婚までのプロセスの中で、

  • 目をつぶるべきではないことに目をつぶろうとしたり、
  • 我慢しない方がいいところで「大丈夫だろう」と流してしまったり、
  • しっかり話してあうべきことを「結婚してからでもいいか」と先送りにしてしまったり、

そんな風になりがちです。

これは、とても危険な行為であることを知ってください。

こうした違和感に目をつぶれば、「結婚」という地点には早く到達するかもしれません。

けれども後々になって「どうしてもっと考えておかなかったんだろう」と思い返すのもまた、

あのときに目をつぶった違和感であることが多いのです。

誰も教えてくれないけど、結婚したら
セックスレスで悩むかもしれない

今回のタイトルにある、「2人はいつまでも幸せに暮らしました」というのは絵本や物語の結びの言葉として、よく目にする一文ですよね。

物語にはお姫さまと王子さまが登場し、いろいろな事件を乗り越えて、結ばれる。物語が幸せな結末を迎えたことを象徴する文章です。

私は今、パートナーシップや性を扱うカウンセラーとして発信したり、ご相談をお受けしたりしています。

その私から見ても、この一文はとても素敵です。そうそう、いつまでも幸せに穏やかに2人の生活が続いたらいいよねと心から思います。

私のところにご相談くださる方は、主に30代から50代の女性たち。7~8割の方が既婚者、つまり、「2人が結ばれたあと」のステージを生きておられる方たちです。

お聞きする悩みは多岐にわたります。

  • 夫婦喧嘩が絶えない
  • 子どもがほしいのにセックスレス
  • 浮気や不倫問題
  • 家事分担がうまくできない
  • お金の価値観が合わない
  • 夫が何を考えているのかわからない

など…。

そして、一番多く扱っているのが、セックスレスを始めとする『性』についてのお悩みです。

性の話は、友達や両親、職場の人にはとても言いにくい話題ですよね。

そのためか、お付き合いしている段階で、すでに性のことで違和感があっても、見て見ぬフリをしたまま結婚される方もいます。

連載を通してしっかりお話していきますが、結婚生活の中では、性についてどんな価値観を持っているかは、とても大事です。

夫婦間で性の価値観が合っていないが故に、セックスレスや不倫の問題に直面し悲しい思いをするケースは、残念ながら少なくありません。

そして現実はセックスレスに限らず、 幸せになるために結婚したはずなのに、 パートナーシップの問題に苦しむ人がたくさんいらっしゃいます。

「いつまでも幸せに暮らしました。」を叶える準備は、結婚"前"から始まる

では、「二人はいつまでも幸せに暮らしました。」はファンタジーの世界だけの話で、現実の世界では運に任せるしかないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

結婚前から、

しかるべき努力と工夫をしていれば、「二人はいつまでも幸せに暮らしました。」を叶えることはできます。

先に、結婚をゴールにしないほうがいいと書きましたが、あえて婚活のゴールを設定するとすれば、「結婚後、幸せに過ごす日常生活が続くこと」ではないかと思います。

もう少し具体的に言いましょう。

"幸せな日常生活"を叶えるには

「2人で幸せに過ごす日常生活」というのは何があれば可能になるでしょうか。

まず一つは楽しさや嬉しさ、安心感を共有できることでしょう。もう一つは、

意見がぶつかったときに、価値観をすり合わせ、片方だけが我慢しすぎることのないよう、お互いの言動を調整し合うことです。 日常生活のことだけではなく、言いにくい「性」のことについても。

この連載では、

◆「お付き合いをする前」

◆「お付き合いから結婚するまで」

◆「結婚してから」

の3つの時期に分け、こうしたパートナーシップを築けるようになるために、「やっておいた方がいいこと」や「気をつけてほしいこと」をお伝えします。

結婚する前に防げる問題は、その時期に対処しましょう。

結婚するまでに少し時間はかかったとしても、「二人はいつまでも幸せに暮らしました。」を叶える可能性は、おおいに高まります。

自分の人生を、大切な誰かと歩みたいと思う全ての女性が、その願いを叶えられますように。

つづく。(次回から本編スタートです)

花嫁道具にしてほしい、小野美世先生の著書2冊

『誰にも言えない夫婦の悩み相談室(2019年)』

『負けるが花(2021年)』

どちらもAmazonでお買い求めいただけます♪

おすすめの記事