「性的に満たされることを必要とする人としない人がいる」-素直で魅力あるあなたへ

-素直で魅力あるあなたへ-

さて、世の中には、

大切な異性との性的な時間が、

人生には欠かせないと感じる人と、人生に欠かせないとまでは感じない人がいる。

自分にはそれが大切で好きだと感じる人と、大切かもしれないけど別にそこまで好きではないと感じる人がいる。

それがないと困る人と、なくても別段困らない人がいる。

それで愛を感じたい人と、別のことでも十分愛を感じられる人がいる。

子供がいてもそういう関わりを大事にしたい人と、子供がができたらもうそういうのはいいかなって人もいる。

どちらがいい悪いという問題ではなく、ただ、そういう性質の違いがある。

で、同じ性質の人同士が、

夫婦になっていたり、

恋人としてお付き合いをしていれば、

セックスレスであろうと、しすぎであろうと、

特に問題にはならないと思う。

ただ、「セックスを含むスキンシップや親密感のあるやりとりがなくても別に困らない人」と、「それが自分の人生にはあってほしいと感じる人」がペアになると苦悩が生まれやすい。

だから、これから結婚する(かもしれない)あなたには、

自分がどういう性質かじっくり考えてみてほしいなぁと思っています。

これまでのお手紙はこちらから。

あなたにもっと知ってほしい、考えてほしい大切な「性」のこと。

Twitterでもお話しています。

おすすめの記事