EDの夫

こんにちは。パートナーシップと性のカウンセラー小野美世です。

「EDの夫を何とかしたしい!」と頑張っている女性は多いですよね。

私も、数々のお悩みを受けてきましたが、お話を伺っていると「一度あきらめた方がいいとき」というのがあると思います。

「自分の希望を叶えるために、あきらめる」ではなく、「手放せば自分の欲しいものがくるんでしょ?じゃあ手放します〜」というのでもない。

本当にあきらめる、というやつです。

「夫のED」というテーマに限らないことでもありますが、一度スッパリ、しがみついているものから手を放し、あきらめる必要性、今日はそんなお話です。

1.EDになった夫の真意

EDになった夫の真意

 EDになったご主人から、あなたはこんな風に言われたりしているのではないでしょうか。

「いろいろ言われるのがつらい」

 「もう少し時間がほしい」

「痛いし触らないでほしい」

etc.

これは要するに、

「そっとしておいてほしい」

ということです。

でも、そうできない女性がほとんど。

「何もしなかったら、ホントに何も起こらないんじゃないか。」

「そうして状況が変わらないまま何年もすぎていくんじゃないか。」

など、いろいろと考え、

ネットで検索したり、

ネットで検索したり、

ネットで検索したり、、、されている方が多いと思います。

そしてこれは当然、「そっとしている」ことにはならず、「なんとかしようとしている」のです。

この空気は夫にも伝わっています、残念ながら。

2.一度しっかりあきらめてみる

EDの夫をあきらめる

夫が以前のように戻ることを期待して、画策をして、トンネルから出られない気分になる。そういう雰囲気をまき散らしていることが、もう「そっとしていない」のです。

結果、ますます負のスパイラルに入っていくご夫婦が多いのが現状です。

であれば、一度、しっかりあきらめてみる。

もうできないんだ、とあきらめる。

もう私の思い通りにはならないんだ、とあきらめる。

もうコントロールしても仕方ないんだ、とあきらめる。

一度、死んだような気持ちになる。

中途半端にやるのではなく、徹底的に。

そこまでやらないと、夫への中途半端な期待がムクムク出てきて、余計なひとことを言ったり嫌みを言ったりしてしまいます。

あきらめるのは、自分のため

あきらめるのは自分のため

「私がなにかしたら変わるんじゃないか」

「私が間違っているところを直せば、彼も変わってくれるんじゃないか」

「少し時間がたてば状況が変わるんじゃないか」

「疲れてないときならなんとかなるんじゃないか」

「EDとか関係なく誘っていってうまくいってる人がいるなら、うちもうまくいくんじゃないか」

夫がEDになったとき、心の中がそんな期待と画策あれこれでいっぱいなら、実はこれ、「自分がつらいだけ」です。

だから、自分がつらいだけの選択をやめるために、あきらめる。

自分のために、一度、あきらめるのです。

自分の身勝手さに気付いてしまうかも

自分の身勝手さ

そして、もしも、完全にあきらめたならいろんなことがわかると思います。

「セックスさえしてれば、夫婦はうまくいってるように思えるし、それで必要としてたのかも」

「できなくなった相手をバカにしちゃう自分」

「セックスで100%何とかしようとしてたことがあったんだな」

とか、そんないろいろに気付くかもしれません。

「夫をなんとかしないと!」と思っていた心の矢印を、一度全部自分に向けてみたらいい。

自分がどれだけ身勝手なことを言ったり思ったりしていたのかも、気付いてしまうと思います。

4.あきらめた先にあるもの

あきらめた先

もちろん、夫のEDの問題は、妻があきらめたら終わる、というわけではありません。

「あきらめた」土台の上に、自分がどうしたいのかを、一度しっかり考えてみることが大切です。

このときのポイントは、

「普通は」

「常識では」

「一般的には」

「他の家庭では」

「あのブログに書かれていることでは」

「◯◯さんがああ言ってたし」

などということを一切考えずに、自分のためだけに考えること。

たとえば私なら、しばらくどんより時間をすごして、ちょっと気持ちが戻ってきて、自分の気持ちへの対処も考えたら、夫にたくさんの質問をすると思います。

それは、「ねぇ、どうにかならないの?この状態はいつ終わるの?」という、今のあなたを全然受け入れてませんオーラをまき散らしながらの質問ではなく、

「難しいけど、今のあなたを受け入れようと思う、で、どこまでダメなのか私もよくわからないから、教えてくれたらうれしい」という前提の質問を。

この2つは全然違います。自分から出る雰囲気が変わるはず。

ただ、夫の方が「責められている」を少しでも感じたら、もう答えてくれないと思います。

でも、後者の前提でいるのが相手に伝わって、どんな答えが返ってきても、フラットでいられるなら、

今まではできなかった会話が、もう少しできる可能性があります。

まとめ

EDの夫への態度

いろいろ書きましたが、EDの夫をどうにかしたいと思う妻が目指すところは、相手に対して、

「嫌みな」

「攻撃的な」

「あなたのせいよ」っていう、

変なオーラを出さないところまで、自分で自分をケアしてもっていくっていうところ。

ちなみに、「あきらめる」は、私たち夫婦が「2人目がうっかりほしいと思ってしまった私」と「妻をみていて、もう子供はひとりでいいと決めた夫」という構図ができたときに、本気で使いました。

しっかりあきらめました。

そして、自分の中に、人に見せたくない気持ちがあるのも知りました。

それからいろいろあり、今の4人家族がある。この結果は、たまたまですけどね…。

あなたの考えとどう違うか、しっかり比べてみて、参考にできるところがあれば参考にしてみてくださいね。

おすすめの記事